【月極駐車場の月額】姫路市の相場は?価格決定の要因も解説

この記事は約5分で読めます。

月極駐車場を借りようと近所の月額料金を調べていると、意外と価格の差があることに気が付きます。同じような場所なのに、なぜ価格が違うのでしょうか?

年間にすると結構な額になりますから、何も知らずに契約して後悔したくはないですよね。

そのためにも、月極駐車場の相場や、値段がどのように決まっているかを知っておくことが大切です。

この記事では『姫路市で駐車場を借りる際の相場』と『費用が決まる要素』について解説します。

月極駐車場の月額相場【兵庫県姫路市】

姫路市は、兵庫県の南西部に位置し、面積534.35㎢、人口は約52万人(2023年9月1日現在)の市です。

神戸市に次ぐ、県下2番目の商工業生産額と人口を擁し、姫路城近くの市街地はにぎわっていますが、そこから少し離れると自然があふれる“トカイナカ”(都会・田舎)として注目されています。

そんな姫路市での月極駐車場の相場がこちらです。

姫路市内およそ200ヶ所の月極駐車場を調べたところ、月額料金の平均は約8,500円でした。
(北部は自然が多く、月極駐車場自体が少ないので対象外としています。)

エリアによって価格の差がありますね。この要因は一体何でしょうか?

月極駐車場の月額が決まる要因

月極駐車場を経営する側の視点から、月額を決める際の要素を紐解きます。

地価

地価が一番大きな要因なのは、誰もが予想できると思います。

下図は姫路市のおおよその地価を表しており、赤色が地価の高いところです。



姫路駅を中心にお店が密集していますから、そういった景況の良い場所は地価(土地代)が高いです。利便性も良く、人が多く集まりやすいので、駐車場の需要も高まり必然的に価格も上がります。

月額の料金と照らし合わせると、地価が影響していることがよく分かります。

参考サイト
土地DATA https://tochidai.info/hyogo/himeji/

立地条件

今回料金を調べていると、同じエリアでも価格の違いがありました。地図で確認すると、広い道・便利な道に面しているような、便利な立地にある駐車場ほど、月額料金が高く設定されていました

毎日の生活の中でも『車が駐めやすいから、少し離れるけれど、1件向こうのコンビニへ行った』という経験はありませんか?

Uターンしないといけなかったり、一方通行が多かったり、車が駐めにくかったりすると、ストレスになります。逆にその不便さを我慢すれば、節約が出来るという見方もできます。

便利さを取るか、コスト重視でいくか、ご自身に合わせた選択をしたいですね。

設備やサービス

駐車場の特徴も、料金設定に大きく関わります。

屋根付き(屋内)

実際に同じエリアでも、屋根がある駐車場とない駐車場では、月額料に倍ほどの価格差がありました。

雨や埃、直射日光は車の寿命に影響を及ぼしますし、冬場には霜がフロントガラスに凍り付くので、出勤までの暖気運転に時間を使うことになります。屋根があれば『大切な車という資産』と『時間』を守れるということです。

そう考えると、屋根付きの金額は妥当かもしれませんね。

道路が舗装されている

舗装されていない駐車場では、雨が降ると足場が悪くなり車内が汚れてしまいます。晴れていても砂埃が舞うので、風の強い日は車がホコリまみれになることもあるでしょう。

夏場は雑草が生えるため、自分の区画が分からずにはみ出してしまい、契約者同士のトラブルになることもあるようです。

舗装されている駐車場の方が金額は上がりますが、こういった余計なことで労力がかからない分、楽かも知れませんね。

セキュリティがしっかりしている

車の盗難のニュースをよく見かけますが、防犯カメラがある場所では、犯人逮捕の確率が格段に上がります。犯人が捕まれば、持ち主のところに戻ってくるということですから、セキュリティがしっかりしている方が安心ですよね。

入出庫時にパスワード入力や鍵の解錠が必要な、高セキュリティーの月極駐車場もあり、最近人気が出ているようです。駐車場に入ること自体が困難なので、盗難のターゲットになりにくいですね。

車は財産でもあるので、保険代だと割り切って、高い駐車場に投資するのも選択肢の一つです。

車の種類でも料金が変わる

「大型車やハイルーフ車お断り」という駐車場をよく見かけます。

大きな車を受け入れるには、広めの駐車スペースや、他の車に当たらないように十分な通路の確保が必要になります。敷地が広くないと難しいですね。

立体駐車場の一角を月極駐車場にしているところでは、建物の構造上ハイルーフの車が入れません。受け入れられない駐車場が多いため、「大型車やハイルーフ車お断り」をよく見かけるというわけです。

逆に、大型車やハイルーフ車OKの駐車場は限られるので、その分割高になります。大きな車に乗っている方は、宿命と思って受け入れるしかありません。

ちなみにの話
最初に作った看板を変更するのが面倒だからと、値上げをせずに、そのままの料金にしている駐車場は多いです。高いエリアだからとあきらめずに、近所を歩いて探せば、ぽつんと昔のままのお得な金額の月極駐車場があるかもしれませんよ!

まとめ

駐車場料金は毎月かかるものなので2,000円違うだけで、年間2万4,000円の差が生まれます。無駄に高い料金を払っていると、本当にもったいないですよね。その駐車場料金が妥当なのかどうか、このブログが参考になれば幸いです。

今回価格調査に使ったのは、アットパーキングさんのサイトです。地図から探すだけでなく、お近くの駅からも探せるので「このブログを見て、他も当たってみよう」と思ったら、ぜひ他の駐車場も探してみてください。

そうは言っても、実際に自分の足で歩いて探すことも大切です。こういったサイトに載せていない(あまり沢山の人には来てほしくない)駐車場が意外と沢山あるからです。

素敵な月極駐車場が見つかることを願っています。

この記事を書いた人
林 宏彰

日頃は、デザイナーとしてお客様と直接打ち合わせをしています。
しっかりとヒアリングし、ご要望を理解した上でデザインすることを心がけています。些細なことでも、ご遠慮なくご相談ください。
このブログでは、デザイナー目線で駐車場看板の魅力を紹介していきます。

月極駐車場
駐車場看板.comスタッフブログ